新人研修における一次救命処置

今日は、新人研修で、一次救命救急に対する講義を、介護士、クラーク向けに行いました。実際に患者さんご倒れた場面を想定したシミュレーションを行い、臨床に近い状況で、トレーニングを行いました。

一次救命救急処置が初めてっと言う方多く、また、医療に直接携わった事のない方ばかりだったので、医療者向けの講義では略語がわからず、理解が得られないと感じたので、かなり用語を砕いて、説明を行いました。

傷病者を発見したら、周囲の安全確認。その後、声をかけて、意識がなければ、大声で、応援を要請。119番通報と、AEDの依頼を行い、脈拍(頸動脈)と呼吸(胸の上がりや、息を地肌で感じること)を確認し、脈、呼吸がなければ直ちに胸骨圧迫。

AEDが到着したら、ガイダンスに従い、素早くAEDを装着。ショックが必要なら、周囲の安全を確認し、ショックを。明らかな、体動がなければ、直ちに胸骨圧迫を再開する。

と言う内容を人形やデモのAEDを使用することで、具体的に学習をしてもらうことが出来た。こちら